トーエネック健康保険組合

文字サイズ
メニュー

保健事業

  1. 保健事業
  2. 病気の予防

病気の予防

生活習慣病はだれでもかかる可能性があり、長い年月にわたって徐々に進行します。はじめのうちは自覚症状もなく気づきませんが、症状があらわれたときには病気がかなり進行していた、ということも多くあります。
そうならないためには、特定健診や人間ドック等で定期的に健康状態を調べ、病気の芽は早いうちに摘み取ってしまうことが重要です。
当組合では、病気の予防のために次のような事業を行っています。

※各事業のくわしい案内などは、別途ご連絡いたします。

生活習慣病健康診断

30歳、35歳、それ以降は隔年ごとの年齢に達した被保険者を対象に、定期健診に加えて胃部X線、便潜血、眼底などの生活習慣病健康診断を、自己負担額2,000円(25,000円を超えた受診料は自己負担)で受診いただけます。

半日人間ドックの補助

41歳、47歳、50歳以上の希望する被保険者を対象に、定期健診に加えて腹部超音波検査、胃部X線、便潜血、眼底・眼圧、腫瘍マーカーなどの半日人間ドックを、自己負担額5,000円(40,000円を超えた受診料は自己負担)で受診いただけます。

人間ドック契約医療機関

主婦半日人間ドックの補助

被扶養者と認定されている35歳以上の配偶者を対象に、自己負担額10,000円(40,000円を超えた受診料は自己負担)で受診できる半日人間ドックを実施しています。

人間ドック契約医療機関

歯科検診

対象事業所の被保険者を対象に実施します。

子宮頸がん検診補助

26歳以上の被保険者・被扶養者(配偶者に限る)を対象に実施しています。検診費用は全額支給いたします。(4,000円を超えた分は自己負担)

関連項目